大乱闘の引き金 メキシコ右腕がマイナー降格 死球との関連は…

メキシコ代表で、9日のカナダ戦で乱闘のきっかけをつくる故意死球を与えたアーノルド・レオン投手(24)がnike sb、所属するアスレチックスからマイナー行きを通達された。nike id 今キャンプでは招待選手としてメジャーキャンプに参加していたが、WBCで敗退が決まり、チームに再合流した直後に降格となったnike。故意死球との因果関係は定かではないが、一躍時の人となっており、FOXスポーツ(電子版)がトップページのヘッドラインで伝えるなど、マイナー選手でありながら破格の扱いで報じられた。nike sb

被弾戸村に星野監督おかんむり「アホらしい!」写真

楽天の星野監督が先発・戸村におかんむりだ。4回無死一塁で、アブレイユに左翼への一発を被弾nike sb。3ボール1ストライクから甘く入った直球を痛打され、指揮官は「毎回反省だよ!文句も言いたくないし、言わないnike。こんなんじゃ落ちていくだけ。やられた後、毎回反省されたらかなわんnike id。アホらしい!」。

 戸村は6回5安打2失点。nikeキャンプから習得中の新球カットボールにも手応えを得たが、「カウントを悪くして本塁打を打たれた。次への課題」と反省していた。nike sb

ドミニカ、初回4失点もイタリアに逆転勝利

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド2組(開催地・マイアミ)のドミニカ共和国対イタリア戦が現地12日に行われ、ドミニカ共和国が5対4で逆転勝利を収めたnike

 ドミニカ共和国は、先発のエディンソン・ボルケス投手(サンディエゴ・パドレス)が立ち上がりに苦しみ、3ランを浴びるなど初回に4点を失うnike id。しかし、打線は3回にホセ・レイエス遊撃手(トロント・ブルージェイズ)、6回にロビンソン・カノ二塁手(ニューヨーク・ヤンキース)がそれぞれソロ本塁打を放って点差を縮めると、7回には押し出し四球と犠飛で同点とした後にネルソン・クルーズ外野手(テキサス・レンジャーズ)が勝ち越し打を放ち、試合をひっくり返したnike sb

 劣勢をはね返しての勝利にレイエスは「俺たちはうつむくことはなかった」とコメント。nikeカノは「0対4からのスタートは難しいが、チームには大きなエネルギーがあった。決してあきらめなかったよ」と話した。nike id

橋上戦略コーチ ライバル試合は機内でネット観戦

侍の「頭脳」が決勝トーナメントの対策に動きだした。侍ジャパンの橋上戦略コーチは2次ラウンド2組について「順当ならアメリカとドミニカ(共和国)が出てくるでしょう」と予想nike id。3連覇するには、どちらも倒さなければならない相手となるはずで「2次ラウンドはできる限りテレビで試合を見る」と話したnike

 同組の初戦の2試合が行われるのはちょうど渡米するチャーター機の中。そこで機内で中継を見られるように手配したという。「WiFiを飛ばしてもらえればインターネットで見られますから」。nike sb 注目はプエルトリコ戦に先発する米国のエース・ゴンザレスだ。昨年21勝でナ・リーグ最多勝の左腕は 米国が1次ラウンドを戦ったアリゾナには行かず、所属チームのナショナルズで調整を続けてきた。このため1次ラウンドのデータはなく、何としてもライブ映像で見たい投手だったnike id。150キロ超の速球とカーブ、チェンジアップが持ち味で「左でしょ?やっかいな投手です」と警戒した。

 さらに橋上コーチがマークするのは米国の抑えのキンブレルnike sb。「サイド気味から150キロ以上の球が来る。この投手が出てこないような展開にしないと」nike。すでに2次ラウンド2組が行われる米マイアミに西山スコアラーを派遣。情報戦もいよいよ佳境を迎える。nike id

侍ジャパン、最大の壁はドミニカ共和国…森繁和氏が2次R2組分析

米国、プエルトリコ、ドミニカ共和国、イタリアが2枚の準決勝切符を懸けて争うWBC2次ラウンド2組は12日(日本時間13日)に開幕するnike sb。中日コーチ時代の04年から毎オフ、ドミニカ共和国を視察に訪れ、中南米の野球事情に精通している野球評論家の森繁和氏(58)が4カ国の戦力を分析nike。攻守に高いレベルを誇るドミニカ共和国が頭一つ抜けていると評価。3連覇へ最大の難敵と位置付けたnike id

 ドミニカ共和国の強さは本物だろう。大リーガーをズラリそろえた顔ぶれnike。選手の状態もいい。何より今までと違うのは、投手陣の質が高いこと。球数制限を見据え、救援陣を数多く登録している。7回はドテル、8回はカシーヤ、そして守護神ロドニーも150キロ超の直球を誇る。nike sb終盤3イニングは盤石。侍ジャパンに敗れた台湾、オランダのように、継投するごとに投手のレベルが落ちていくようなことはないnike id

 トニー・ペーニャ監督は、以前は同国ウインターリーグのアギラスというチームでも監督を務めていた。それだけに、代表選手の特徴などを十分に把握しているnike。これも強みだ。打順もほぼ固定されており、特に3番・カノは3試合連続3安打nike sb。俊足の1番・レイエスらが出塁し、父・ホセがコーチとしてベンチ入りしているカノを中心とした中軸が還す。この得点パターンは相手にとって脅威となる。

 プエルトリコは1次ラウンドが地元開催という後押しもあったが、投手力はドミニカ共和国に比べてやや落ちる。下位打線も固定できていないnike id。初戦のメキシコ戦で敗れながら、その後に連勝した米国の方が状態は上向いていると思う。打線も勝った2試合は11、14安打で計15得点。エース格で、メキシコ戦で4回4失点で負け投手となった昨季サイ・ヤング賞のディッキー(ブルージェイズ)の復調が鍵だnike sb。イタリアは打線は好調も、国内リーグの選手に飛び抜けたものはない。格としては一枚下だろう。

 2組の4チームは、16日(日本時間17日)にフロリダ州での2次ラウンドを終えると、そのまま翌17日(同18日)からの準決勝に臨むnike。一方の侍ジャパンは、この日のオランダ戦から中5日。現地で練習試合こそ行うが、間隔は空く。2次ラウンドを勝ち抜いた勢いのまま向かってくる相手にどう対応するのかも、大きなポイントだ。nike id
 | 主页 |  page top