ドミニカ、初回4失点もイタリアに逆転勝利

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド2組(開催地・マイアミ)のドミニカ共和国対イタリア戦が現地12日に行われ、ドミニカ共和国が5対4で逆転勝利を収めたnike

 ドミニカ共和国は、先発のエディンソン・ボルケス投手(サンディエゴ・パドレス)が立ち上がりに苦しみ、3ランを浴びるなど初回に4点を失うnike id。しかし、打線は3回にホセ・レイエス遊撃手(トロント・ブルージェイズ)、6回にロビンソン・カノ二塁手(ニューヨーク・ヤンキース)がそれぞれソロ本塁打を放って点差を縮めると、7回には押し出し四球と犠飛で同点とした後にネルソン・クルーズ外野手(テキサス・レンジャーズ)が勝ち越し打を放ち、試合をひっくり返したnike sb

 劣勢をはね返しての勝利にレイエスは「俺たちはうつむくことはなかった」とコメント。nikeカノは「0対4からのスタートは難しいが、チームには大きなエネルギーがあった。決してあきらめなかったよ」と話した。nike id

留言

发表留言



只对管理员显示

引用

http://nikeid3.blog.fc2blog.us/tb.php/3-1be9bdbd

 | 主页 |  page top